マネナレ

Money Knowledge(お金の知識)略してマネナレを学ぶためのサイトです

まずは仕組みを知ろう!電気代を抑える方法について調べてみた

f:id:lirlia:20170713005732j:plain

電気料金を安く抑える方法を考えてみます。

まずは電気代の仕組みから

電気代の算出方法は以下の計算式によって決まります。

「基本料金」+「電力量料金」+「賦課金」

基本料金について

基本料金は使っても使わなくても発生する金額のことです。

※東京電力では一ヶ月未使用なら半額

この金額は契約している「電力の大きさ」によって決まっています。家庭向けの契約電力は「アンペア(A)」という単位で決待っていて「10A〜60A」までの種類があります。

この数値が高ければ高いほど、一度に使える電力量は大きくなりますが基本料金がかかります。

基本料金を安くする方法

そのため基本料金を安くするためには契約電力を可能な限り下げる必要があります。

自分の自宅で契約しているアンペアの調べ方、実際にどの程度アンペア数があれば良いかの確認は下記のサイトによくまとまっています。

電力量料金について

電力量料金は以下の式から成り立っています。

電力料金単価×1ヶ月の使用電力量+燃料費調整単価×1ヶ月の使用電力量

電力量料金単価は契約している電気代の単価です。燃料費調整単価は電力会社が発電に使う天然ガスや石油などの燃料費の変動リスク(価格が頻繁に変わる)を価格に反映したものです。

電力量料金を安くする方法

まず燃料費調整単価は電力会社が勝手に調整するので安くできません。

一方で電力量料金単価は契約次第ですので契約している会社のプランを検討してみましょう。もしくは、そもそも電力会社の検討から始めるのも大事です。

こちらのサイトなど役に立つかもしれません。 * 電気代見直しNo.1サイト「エネチェンジ」 / 電気もガスもかんたん比較

また使用した電力量は個人の努力で削減することができますのでここは頑張りどころです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

そもそも再生可能エネルギー発電促進賦課金ってなんでしょう?

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます

なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

要するに、次世代の再生可能エネルギーをもっと拡大するために電気を利用しているみんなで費用を分散してささえようねという仕組みです。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は以下の式から成り立っています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×1ヶ月の使用電力量

その他

東京電力の話ですが、明細を郵送してもらいコンビニ払いなどしている場合は、口座振替にすると52円の得になります。

再生可能エネルギー発電促進賦課金を安くする方法

国で決まっている価格なので使用電力量を下げるしか方法はないですね・・・。

コストを抑える方法のまとめ

日々使う電気量を減らすの前提として

  • 契約している電気量(アンペア数)の見直し
  • 契約している電力量料金プランの見直しや契約会社の見直し

に気をつけましょう。

追加で調べること